ヤオ族男性用衣装

ヤオ族男性用衣装

ヤオ族は道教、漢字の文化など、中国の風習を数多く取り入れています。自称は「ミェン(Mien)」と言います。藍染めの木綿で織った布に刺繍が施されています。経済的に豊かであれば、上着の袖口の縁取りに銀のコイルをつけるそうです。胸ポケットは上前身頃に隠れるようについています。そしておしゃれな形と手のこんだ刺繍がつけられています。

前の記事へ